読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【デスノート】シリーズ、観客動員数累計がついに1000万人突破!

シリーズ別動員数
キャスト
監督
デスノートの人気

わずか10日で100万人を突破!



デスノート Light up the NEW world』 (C) 大場つぐみ小畑健集英社 (C) 2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS 

10月29日に初日を迎えた『デスノート Light up the NEW world』が、公開からわずか10日間で観客動員100万人を突破。シリーズ累計の動員数が約1027万人と、1000万人突破していることがわかった。

シリーズ別動員数


公開中 「デスノート Light up the NEW world」現在100万突破
DEATH NOTE
(2006) 約227万人
DEATH NOTE the Last name」
(2006)約419万人
L change the World
(2008) 約249万人




キャスト

東出 昌大 三島 創


三島創は、月の父・夜神総一郎により警視庁内に立ち上げられた、デスノート対策本部特別チームの捜査官です。10年前に起きたキラ事件と総一郎の資料を元に、夜神月について徹底的に調べあげ、自作の“研究ノート”を作成します。
対策本部一、“デスノートオタク”と呼ばれるほど「事件とルール」に精通している人物です。

池松 壮亮 竜崎


今作では、Lの遺伝子を受け継ぐ世界的探偵の竜崎を演じます。
主人公の三島ら対策本部特別チームと共にデスノートを追い事件解明に当たります。Lと同様にワイミーズハウスで英才教育を受け、世界中の難事件を解決しているLの後継者です。

菅田 将暉 紫苑 優輝


今作では、天才・サイバーテロリストの紫苑優輝を演じます。その実力は、三島や竜崎ら警察組織をも翻弄ほどの天才で、狂気のサイバーテロリストです。
紫苑は狂った男に一家全員を殺さたが、その犯人をキラが殺してくれたことからキラを神として崇拝するようになります。また凶悪犯罪者を粛正して新世界を目指したキラの思想にも共鳴し、キラの復活を目論んでいます。
優輝は、自分の理想とする新世界を目指しています。

藤井 美菜 七瀬 聖


今作では、デスノート対策本部特別チーム捜査官七瀬聖を演じます。対策本部の中で唯一の女性で、仲間想いの正義感が強い役柄となっています。

川栄 李奈 青井 さくら


今作では、デスノートの所有者で、前作のキラ=夜神月とは真逆に思想を持たず無差別殺人繰り返す青井さくらを演じます。顔を合わせた相手の名前と寿命が見える「死神の目」を持っており、無差別にデスノートに名前を書いていきます。

中村 獅童 リューク (声)


前2作同様、死神リューク役ですが今回は声のみの出演になります。今作では、新デザインの6冊のノートとともに、新たな死神も登場します。フルCGで描かれる死神たちはよりスタイリッシュに進化しました。
リュークの肌や髪・羽・皮の質感の表現は驚くほどリアルで、「デスノート」自体の質感も進化しています。

戸田 恵梨香 弥海砂

本作では10年前にデスノートの所有権を放棄したことにより、デスノートに関する記憶を失っている弥海砂。現在は女優として活躍しているが、警察による監視はいまだに続いている彼女の記憶がストーリーのカギを握る可能性がありますので、是非注目したいですね!

船越 英一朗 御厨賢


新たなデスノート所有者として最高裁判事である裁判官の御厨賢一を船越英一郎が演じます。「6冊ルール」が適用された今作で青井さくらに続き2人目のデスノート所有者となります。
最高裁の判事という立場の御厨がどのようにノートを扱うのか、注目しましょう!

沢城 みゆき アーマ(声)

監督:佐藤 信介


監督 : 佐藤 信介

『LOVE SONG』(2001年)で監督メジャー・デビューを果たします。監督第2作目の本格アクション映画『修羅雪姫』(2001年)が、世界20カ国以上で公開され注目を浴びます。
その後も『GANTZ』シリーズ(2011年)や『図書館戦争』シリーズ(2013年)、『万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-』(2014年)などヒット作を生み出し続けています。アクション、ミステリー大作を手がけてきた佐藤信介による『デスノート』は、パワーアップしたソリッドなアクションやスケールアップしたVFX映像を駆使。
迫力の映像を楽しむことができることでしょう!


デスノートの人気


世界70の国と地域での配給も決定しており、11月3日から公開したタイでは新作映画で1位を獲得。11月10日に公開を迎えたシンガポールでも同じく初登場新作映画1位、全体ランキング2位スタートとなっているほか、11月25日には台湾での公開も控えている。

今後、日本のみならず、世界でも、どこまで興行成績を伸ばしていけるかに注目だ。


コンピュータの歴史、発達



コンピュータの発達と構成


コンピュータの発達 コミュニケーション手段の発達
コンピュータと周辺機器 ソフトウェア

1.コンピュータの発達

パスカルが歯車を組み合わせて加算や減算などができる計算機を発明した。その後、電磁石によって、電気回路を閉じたり開いたりするリレーと呼ばれるスイッチでできているリレー式計算機MARK1を、エイケンらが開発した。さらにその後、およそ1万8000本の真空管と50万本もの配線を使った電子計算機(コンピュータ)であるENIACがエッカートとモークリーによって開発された。しかし、これらのコンピュータは異なる計算のたびに配線を替えなければならず、修理にも長時間を要した。この欠点をなくすため、ノイマンはプログラム計算機内の記憶装置に記憶させ、それを順に取り出して実行していくプログラム内臓方式の計算機EDVACを提唱した。この考え方は、現在のコンピュータの基礎になっている。
初期のコンピュータは真空管を使っていたが、その後、トランジスタ、ついでIC(集積回路)LSI(大規模集積回路)などの半導体素子が開発されて小型化が進み、信頼性と計算速度が飛躍的に向上した。また、、計算機能プログラムによって自由にかえられる半導体素子であるマイクロプロセッサが開発された。マイクロプロセッサは、家電製品および各種の工業用製品などに組み込まれて、それらの小型化にも大きく寄与した。




2.コミュニケーション手段の発達

コミュニケーション手段は、モールスが発明した電信機に始まり、ベルが電話機を、マルコーニが無線機を発明し、その技術は、ラジオ放送やテレビ放送、携帯電話などに利用されるようになった。また光ファイバを使って、電波より多くの情報を確実に伝えることができる光を使う通信技術も利用されるようになった。さらにインターネットが発展することで、コンピュータもコミュニケーションのための端末機として利用されるようになった。




3.コンピュータと周辺機器

コンピュータは、演算、制御などの働きをするコンピュータ本体と、本体に接続して、文字、数値、画像、音声などのデータを入出力したり、記憶したりする周辺機器で構成されている。このコンピュータ本体と周辺機器を合わせてハードウェアという。
周辺機器には、キーボードやマウスなどのコンピュータ本体にデータを入力する機器、ディスプレイやプリンタなどコンピュータ本体で処理したデータを出力する機器、ハードディスクドライブ、光学ドライブなどデータを記憶したり読み出したりする機器などがある!



4.ソフトウェア


コンピュータを動かすためのプログラムやファイル、文書などをソフトウェアという。
コンピュータの電源を入れてしばらくすると、オペレーティングシステム(OS)というソフトウェアが起動する。ソフトウェアには、OSのような基本ソフトウェアのほかに、文書処理ソフトウェア(ワープロソフト)や表計算ソフトウェア(表計算ソフト、スプレッドシート)、データベースソフトウェア、Webページ閲覧ソフトウェア(ブラウザ)、メールを送受信するソフトウェア(メールソフトウェア、メーラ)画像処理用のソフトウェアなどの応用ソフトウェア(アプリケーションソフトウェア)がある。応用ソフトウェアは、OSを通じてコンピュータや周辺機器を動かす。文字や画像の表示、印刷、データの読み込みや保存なとの基本的な動作は、それぞれの応用ソフトウェアから指示を受けて、OSが実行している。